駻馬たちの独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪の元気

10年ほど前に年末に大阪・新世界に行こうと地下鉄動物園前で降りて地上に上がると
いきなり浮浪者同士がケンカしていて度肝を抜かれたことがある。
大阪は南も濃いが東も濃い。
というわけで今回は大阪の「東」探索レポート。

「主婦の店・ダイエー」発祥の地でもあり、大阪一元気な商店街として
探偵ナイトスクープでも取り上げられた名物商店街、「千林商店街」に行ってきました。
まずビックリしたのは京阪の駅が商店街の中にあります。
そして商店街に足を踏み入れると「♪千林商店街~」とテーマソングが大音量で流れています。
洋菓子屋さんでは「千林ロール」なる名産品?まで売っています。
呉服、衣料、日用品、電器、生鮮食品・・・ありとあらゆるジャンルの商店が幅5mほどの道の両側に続いていて100店、200店・・・いや、もっとあるのか?
写真ではそれほどの人出には見えませんが、実際はビックリするくらい賑やかです。
八百屋さんでは「パニック、パニックやでぇ~!」とオッちゃんが意味不明の叫びをあげながら啖呵売りをしています。
今から30年前、子どもの頃の商店街ってどこもこんな活気があったな・・・と、懐かしくなりました。
千林


続いて、千林商店街の東端にある「スーパー玉出」へ。
玉出も大阪では有名な安売り食品スーパーです。
外観も内装も「玉出」の名のとおり「パチンコ屋か!?」と見間違うほどネオンがド派手。
チェーン店はどこも廃業した病院やパチンコ屋などを改装したというから納得。
24時間営業で、1円セールなどの目玉商品はとにかく安い!
(逆に目玉品以外はビックりするほどは安くない)
京都でフレスコが躍進しているのとは対照的な店構えに大阪を実感しました。
玉出


仕上は京橋駅東の立ち喰い串カツの「丸藤」に3年ぶりにやって来ました。
コの字型カウンターの周りに
「サラリーマン」と言うより「労働者」と呼びたくなるような
浅黒い顔のオッちゃんらが所狭しと並ぶ合間に
学生風の人や、何を考えて来ているのかカップルまでいる。
カウンターに灰皿はない。吸殻は床に捨てるのが礼儀。
ソースの2度漬けは厳禁。
串カツ1本110円~。
朝9時から営業しています。
※写真手前のオッちゃんが名物ですが、ちょっとボケ入ってきたかな・・・。
丸藤


不景気な中にちょっと元気な大阪を見られてなんだかホッとしました。
いつか大阪東part2として玉造~鶴橋とかをレポートしたいなと思っています。 by専務

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。