駻馬たちの独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「伝える」と「伝わる」~その1

国際会館外観


宝ヶ池の国際会館にて私が所属する商工会議所青年部の今年度最大の事業「メインフォーラム」が開催されました。
「環境・京都・教育」について経済人の立場から切り込むというのがテーマ。
「ALWAYS~三丁目の夕日」のような昭和30年代にタイムスリップするシーンや
ゲストを招いてのパネルディスかション、昭和の食卓の再現など盛りだくさんの内容。
担当してくれた部会はこの日のためにほぼ1年前から準備を重ねてきました。
私は来場者に最後の総括謝辞を申し上げるお役目でしたので
「本当に大切なこと=本質は、商売においても40年前も今も、これからも変わっていないはず。」
という言葉で締めました。
来賓もたくさんいらっしゃる中での締めの挨拶は緊張もしますが
私はこの適度な緊張と高揚感、そしてある種の快感が決して嫌いではありません。
自分の想いであれ、誰かの想いであれ、それをどう伝えるかはサンケイデザインの仕事の本質そのものですから。

「伝える」と「伝わる」とは違う。これは私が常に頭を抱える課題です。
実は何百人の前で話すよりも、朝礼で20人を前に話す方が緊張することもあります。
どうしてでしょう?
大衆を前に話す時は私の中では伝わる伝わらないはたいした問題でないことが多いのです。
自分の言いたいこと、言わなければならないことを一方的に伝えた時点でミッション完了なのです。
制約があるとすれば、ちょっとカッコをつけてしゃべらないといけないことぐらい。
政治家の選挙演説ではないですから、
私の話を聞いた人が何もアクションを起こしてくれなくてもまったくOKなんです。
ところが会社での話はそうはいきません。
「こいつ何を言うてるねん?よくらからんわ。」「それ、違うやろ!」
そんな風にみんなが思ったら会社は動きません。
だから会社の会議や朝礼で伝えるときにはとても気を遣います(正確には遣っている「つもり」)。

さて話は国際会館に戻りますが私と同じく今年で43歳。
ものごとの本質は40年前も今も変わらないと先ほど書きましたが、
この国際会館の建築デザインは40年経った今なおカッコイイと思います。
エントランスから続く通路なんてウルトラマンの科学特捜隊基地みたいだと思いませんか?
たしか本当にウルトラマンと怪獣の格闘シーンの撮影がこの国際会館であったと記憶していますが。
フォーラムが懐古的なものだったのでついつい話が昭和40年代になってしまいました。

エントランス

PageTop

駅伝大会とあつあつおぜんざい

「おぜんざいはいかがですか」

「暖まっていってくださいね」


TS35035402.jpg TS350353.jpg




先日12月21日の日曜日は全国高校駅伝大会でした。

日々の練習の成果を発揮せんと、高校生たちが想いと襷をつなぎ力いっぱい都大路を疾走します。


この大会は、年明けの全国都道府県対抗女子駅伝と共にサンケイデザイン株式会社の前を通るコースでもあることから、選手の方々への応援の意味も込め、3年前から玄関前に大型液晶テレビを設置して駅伝の番組を映しつつ、寒いなか応援に来られる方々に熱々おぜんざい(白玉入り)を無料でふるまっております。

今年もその日がやってきました。

駅伝の番組が始まる少し前から、弊社玄関前にはぞろぞろと人が集まりはじめ、テレビの前で大会パンフレットを見ながら盛り上がる人たちや、チームメイトの応援に学校の旗を抱えて集まる学生たちもチラホラ。

女子の部がスタートした頃からふるまい開始です。

テレビの前に集まっているみなさんからまず呼びかけ。
選手達がこの北大路堀川に近づくにつれ、たくさんの人が集まってきます。
小さな子どもたちもたくさん応援に来ていました。
おかわりしてくれる人も、午前も午後も応援に来て食べていってくれた人もいました。

081221_1326~01 081221_1116~01


選手達が前を通る時は、おぜんざいを配る私達もみなさんと一緒に応援して熱くなります。

午後の男子の部は少し雨に降られたので、一時は人出の心配もしましたが、午前と午後それぞれ約200杯分ずつのおぜんざいが入った大きなお鍋2つは、14時すぎには全てカラになっていました。


***


地元・ご近所のみなさんや他府県から遠路はるばる応援にいらしたみなさんと、あつあつおぜんざいと応援を通してちょっとした交流。

今年はある男子学生が「3年間、こことおぜんざいにお世話になりました。」と言って来てくれました。
もう引退で、春には卒業するのでしょう。

名前も知らないけれど、この場所に集ったことを思い出や気持ちに残してくれている人がいると分かって、とても嬉しかったです。

毎年来てくれている人も、今年初めて来た人も、ここに集まって応援した記憶のどこかに、少しでも私達のことが残れば嬉しいなと思いました。


By窓際女子

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。